岡山の税理士事務所「三宅税務会計事務所」│無料相談実施中

岡山・倉敷・玉野の税理士事務所 三宅税務会計事務所

【対応地域】岡山県、広島県(東部)、兵庫県(西部)、香川県(東部)

086-238-8881

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝日

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

個人と法人の違い

個人と法人の違い

 個人と法人の大まかな相違は次のようになります。

個人事業主 法人
信用力 低い 高い
税率 累進税率(最高50%) 一定(22%、30%)
欠損金の繰越 3年 9年
退職金 支給できない 支給できる
社会保険 加入義務なし(従業員5人未満) 加入義務あり
決算期 12月 自由に設定可
設立コスト 不要 25万円程度
経理処理 簡易な処理でも可能 厳密な処理が必要

 個人事業主と法人での一番の違いは、やはり信用力になります。取引先によっては個人事業主だと取引をしない場合もあります。また、所得が多い場合には法人の方が税率が少なくなります。
 しかし、法人にした場合には、社会保険の加入義務が生じるため支出が増えるケースがあります。
 そのため、個人か法人にするかについては、慎重な判断が必要になります。

Return Top